top of page

モチベーションを維持する


 

【menu】

❶ボールフィーリング→❷シュート練習→❸ゲーム

 

【keyfactor】

・目標設定

・ドリブルスキル

 


昨日に引き続きスキルにフォーカスしたトレーニングを行いました。

目に見えてちが違いが出てきています。

毎回感じますが、子供達はすごい能力を持っています。


僕たち大人の役割は

子供みんながもた持っていることの素晴らしい能力を

如何に引き出してあげられるかだと思います。


能力があっても磨かなければ発揮することはできません。

『どんな言葉をかけて』

『どれだけ真剣に向き合うか』

大切なのはモチベーションを高いレベルで維持してしてあげること。




『あのチームは強い』

『あの選手は上手い』

この年齢で何かと比較することは

本当に意味がないことです。


できないことを指摘するのではなく

どうしたらできるようになるか(やりたいと思ってくれるか)を

考えてあげたいと思ってます。


退屈なコーンドリブルのトレーニングでも

スキルを教えることよりも

子供達が楽しいと感じて

自らトレーニングするように

『上手くなりたい』という思考を作り

できるようになったという、成功体験で自信を持たせてあげることこそ

コーチの最大の役割だと感じています。







ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page