メンタリティーが存在を発揮する



最近では1番強度の高い試合内容でした。

スピード、フィジカル的に自分達より上の相手とマッチアップする中で

初めて衝撃で萎縮してしまう選手が多かったですが

技術と判断で上回る場面も沢山作れました。


でも、こういった強い相手と対戦して

選手個々の課題がはっきり見えた試合でした。


Aチームはオフェンス面では相手の強いプレスにも

良くボールを保持できて効果的に動かせていました。

フィニッシュに課題はありましたが

意図的に相手を崩したり、駆け引きができていたので

非常に良く組織されていたと思います。

最後のゲームでも内容でリードできており

終盤には完璧な形で2点奪えたのは納得できるもので

勝負強さもついてきています。


Bチームのメンバーはフィジカル面で圧倒され

更にメンタル面での弱さを露呈した内容でした。

段階が異なる対戦相手ではあったので

差があるように感じた場面もあったかと思いますが

落ち着いて、今自分達がやらなければならないことに集中しましょう。

必ず対等できるようになるし、今は少し我慢も必要な時期です。


相手チームの選手達は球際が強く

ルーズボールをかなり拾われてしまっていました。

対人プレーでは突破されシュートされるシーンも多かったです。

この部分はすぐに改善できるので

対人(ディフェンス側)プレーの技術と

「絶対に1対1は負けない」というメンタリティーを植えつけていきたいと思います。


試合内容が非常にクリーンで美しいのですが

レベルが均衡してくるとメンタリティーが存在を発揮します。

やられっぱなしで泣いていては前には進めません。


今日は沢山の課題が見つかった充実した内容でした。

いつもより疲労もあるので

ゆっくり休んで明日に備えましょう!


本日は遠いところまで沢山のご見学にお越し頂きありがとうございました。










ペルージャジャパン

河井コーチ

59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon