top of page

マークを外す動き


 

【menu】

❶3vs1→❷1vs1(2ゴール)→❹シュート練習→❺ゲーム

 

【keyfactor】

・マークの外し方

 

マークを外す動きのトレーニングを行いました。

相手と駆け引きし、スペースを作り出せるように動きます。



優先順位

①裏

②足元(前向き)

③足元(後ろ向き)

上記の順番で判断してパスを受けます。



スキルがついてきたことで

少しだけボールを受ける際に余裕ができてきました。

相手のマークが外せなくても

落ち着いて腕でブロックしてパスを受けましょう。



キャンプから継続して

ピッチ内での『自立』にも取り組んでいます。

状況に合わせてコーチングし

戦い方を変えられるように

柔軟でクレバーな選手を目指して育成しています。



自立することは

サッカー以外の場面でも必ず役に立つはずです。

言われたことをやるのではなく

常に疑いを持って

『自分の判断』が持てる選手を目指しましょう。








ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

ความคิดเห็น


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page