top of page

マークの付き方



 

【menu】

❶w-up→❷基礎トレーニング→❸マーク→❹2vs2→❺ゲーム

 

【keyfactor】

・マークの付き方

 


前回の試合で課題として上がったマークの付き方について

早速トレーニングで取り組みました。


マークを付く時に気を付けることは大きく2つ。


①エリアによって相手との間合いを変える

→ゴールに近ずく程タイトに付く。

②相手との位置関係

→相手とボールが見え、自分達のゴール側からケアする。


決勝の3失点の内、2失点はコーナー(1つはコーナーキック、もう1つはスローイン)からボールで

①と②のエラーによるものからの失点でした。



マークする相手に集中し過ぎてもボールが見えないし

ボールに集中し過ぎるとマークが外れる。

この2つは両方を見ないといけないから

ポジショニングが非常に大事になってきいます。



特に深いところ(コーナー付近)に進入されればされる程

マークとボールの角度が広くなり

どちらかを見失いやすくなります。


深く侵入された場合は、ボールを見ながら

相手は触って(掴んで)位置を確認します。



今日のトレーニングでは、徹底的にマークに取り組みました。

かんり選手達の意識も変わって、改善されたかと思います。

今週の土日は、マークのミスからの失点はゼロに抑えましょう!







ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page