top of page

ポジティブ脳



千葉印西校。


今週のテーマは「コントロール」でした。

ボールを止めることにフォーカスしてトレーニングしました。



春休み明け初めてのスクールでした。

みんな元気で、充実した春休みを過ごせたようですね!


さて、今日はコントロールの中でも最も楽しく難しい

浮いているボールのコントロールを行いました。



ボールが浮いていると

少ない力でもミートすれば飛んでいくし

逆を言えば少しでも位置を外すとコントロールできません。


浮いているボールは筋力も身長も足の速さも関係なく

その選手の技術が問われます。



FUNの要素も多いトレーニングなので

みんな楽しそうにプレーできていましたね。


印西校の選手達は

コーチの話にすごく耳を傾けて聞いてくれます。

これは指導をする上でとても大事なことです。


例えば、お母さんが家庭でコーチや先生の悪口をよく言うとします。

子供達は敏感なので「そういう人なんだ」とネガティブな印象を持ちます。



すると、スクールや学校でそのコーチや先生から言われる内容にネガティブなレッテルを貼る可能性が上がります。



そうなるといくら良い情報が入ってきていても吸収力が落ちかねません。

本人の思考が技術の習得レベルを大きく左右することは言うまでもないでしょう。



その逆も同じことが言えて

コーチや先生の良い話をすると

選手達は「コーチはすごいんだ」とポジティブな印象を持ち

コーチや先生の言う一言に耳を傾け情報を積極的にキャッチしようとします。



選手達の脳をどれだけポジティブなものにできるか

思考を良い方向へコントロールすることは

選手達の成長においてとても重要ですね。 


今日のMVPは、、、輝&海利!!👏✨


輝:7

ファーストタッチの精度が高く

良いところに置けるので

次のプレーにスムーズに移行できていました。

対人プレーの強さも随所に発揮できています。


海利:7

良く周りが見れています。

技術も初めは少しズレがありましたが

時間が経つにつれ感覚が良くなってきました。

負けず嫌いな性格もすごく良い方向へ働いています。






ペルージャジャパン

河井

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page