top of page

ボール7、その他3

横浜校(エッチェレンツァ)



今日のテーマは【間接視野】でした。

ボールを見ながら、間接視野で状況を確認するトレーニングです。


サッカーはボール、相手、味方、スペース、ゴールなど

プレーを判断、決定する為に見なければいけないものが沢山あるスポーツです。



選手や状況によって違いはありますが

次に自分かボールに関わるプレーの場合

基本は感覚的にボール7、その他3ってところでしょうか。


ボールに7割集中しながら、残りの3割の要素でプレーを決定する。

この3割を確認するかしないかが、ロストするかしないかに繋がります。



ただ、プレーする瞬間はボールは必ず見ないといけないので

どのように周りを確認するかというと、それが間接視野です。

ボールを見ながら、

間接視野で状況を確認し、ギリギリまで判断を変えられるようにします。



文にすると、なかなか難しそうに感じますが

実際、見ること自体は難しくないです。

難しいの間接視野で確認しながら、正確なスキルを発揮すること。


今日のトレーニングでも、いつもならなんてことないトラップでも

多くのミスが起こっていました。

でも、それだけ意識して間接視野でえ見ようとしていましたね!


スクールも来週が最後となってしまいました。

全員のご参加をお待ちしております!!



今日のMVPは、、、陸!!👏✨

基礎のレベルの高さ、判断力

ファーストタッチ、対人での強さ

全てが高いレベルでプレーしていました😄👍


先週のMVPを書き忘れていました🙏

先週は、、、健介!!👏✨

対人プレーでの圧倒的な強さで

他を寄せ付けないポイントで圧勝でしたね😁👍





ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

تعليقات


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page