top of page

ボールタッチが滑らかにできない原因

ラ・テクニカ(横浜)


本日のテーマは先週に引き続き【オープンスキル】でした!

トレーニングメニューも先週と同じです。



ボールフィーリングを高め、ボールと身体をリンクさせ

身体が様々なステップに対して、自由に動くようにする為のトレーニングです。



ボールタッチが滑らかにできない原因は

筋力や能力の問題ではなく

身体がまだ刺激されたことのない動きに対応できていないからです。


サッカーの中で起こり得る

様々なステップとタッチを組み合わせて

滑らかに動けるようにするのが

毎回やっているTre①の5つの種類のボールタッチです。


今は蒼や陸は目を瞑ってでもできてしまう程

ボールタッチが速く、動きが滑らかですが

初めからそうだった訳ではなく

2人は興味を持ってトレーニングして

自信を持つことができたからだと思います。



2人だけではありません。

「このタッチ、誰か見本できる?」と聞くと

ほぼ全員が「はい!!!!」と、自信を持って手を上げます。


①まずは見せて興味を持たすこと。

②そしてできるようになりたいとトレーニングする。

③そしてできるようになって自信をつける。


ドリブルに関しては1人でトレーニングできるので

何をやるかより、②のどれだけトレーニングに時間を割けるかが重要です。

SNSで溢れているような、異次元のテクニックは必要ありません。



サッカーにおいて大事なのは

状況判断の元、しっかりと『運べる』ようになること。

その為に、今から身体に刺激を与えて、どんな状況にもシンプルに対応できる

滑らかな動きを身につけておきましょう!



今日のMVPは、、、蒼!!👏✨

ボールタッチが誰よりも速くできていました👀

完全に感覚に刷り込まれていますね!

あとは試合で適切に使えるようにしていきましょう😄👍


ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

ドリブラー

対人強化クラス。 選手によってそれぞれ段階がありますが 今アカデミーに所属する選手達に 何が最も必要なトレーニングかと問われたら 殆どの選手達がボール感覚を良くするトレーニングだと思います。 例えば、リフティングにしても アカデミーで1000回できる選手はいません。 それどころか、100回も半数以上の選手ができないと思います。 リフティングが上手い=サッカーが上手いではありませんが リフティングが

否定せず責任を与える

千葉印西校。 今日のテーマは【ポジショニング】でした。 どこに位置すれば相手にとって守りにくいか それを意識したポジショニングを取ることにフォーカスしました。 先月から取り組んでいた運ぶトレーニングは 1人で完結するものが多かったですが 今回のテーマは複数の選手が関わってくるので 情報共有して意思疎通ができていないと成立しません。 足元にパスが欲しいのか それともスペースなのか 幅を取るのか 絞っ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page