top of page

ボールタッチが滑らかにできない原因

ラ・テクニカ(横浜)


本日のテーマは先週に引き続き【オープンスキル】でした!

トレーニングメニューも先週と同じです。



ボールフィーリングを高め、ボールと身体をリンクさせ

身体が様々なステップに対して、自由に動くようにする為のトレーニングです。



ボールタッチが滑らかにできない原因は

筋力や能力の問題ではなく

身体がまだ刺激されたことのない動きに対応できていないからです。


サッカーの中で起こり得る

様々なステップとタッチを組み合わせて

滑らかに動けるようにするのが

毎回やっているTre①の5つの種類のボールタッチです。


今は蒼や陸は目を瞑ってでもできてしまう程

ボールタッチが速く、動きが滑らかですが

初めからそうだった訳ではなく

2人は興味を持ってトレーニングして

自信を持つことができたからだと思います。



2人だけではありません。

「このタッチ、誰か見本できる?」と聞くと

ほぼ全員が「はい!!!!」と、自信を持って手を上げます。


①まずは見せて興味を持たすこと。

②そしてできるようになりたいとトレーニングする。

③そしてできるようになって自信をつける。


ドリブルに関しては1人でトレーニングできるので

何をやるかより、②のどれだけトレーニングに時間を割けるかが重要です。

SNSで溢れているような、異次元のテクニックは必要ありません。



サッカーにおいて大事なのは

状況判断の元、しっかりと『運べる』ようになること。

その為に、今から身体に刺激を与えて、どんな状況にもシンプルに対応できる

滑らかな動きを身につけておきましょう!



今日のMVPは、、、蒼!!👏✨

ボールタッチが誰よりも速くできていました👀

完全に感覚に刷り込まれていますね!

あとは試合で適切に使えるようにしていきましょう😄👍

ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page