top of page

ボールを使う

フィジカルクラス(川崎)



今日のテーマは【ボールを使ったフィジカルトレーニング】でした。

ボールを使いながらアジリティートレーニングを行いました。


フィジカルトレーニングを行う際に気をつけていることに

実践的であるということが挙げられます。



サッカーの試合の中で起こるような動き

必要な動きを中心にオーガナイズします。

サッカーでボールを触らないことはないので

できるだけボールをを使ったトレーニングをするようにしています。


それがあるとないとで

選手達の集中力も全然変わってきます。



サッカー選手にとってボールはおしゃぶりみたいなもので

あると無意識にずっと触っていたいもので

どれだけ厳しいトレーニングであっても

ボールがあると、そこにFUNを見出せるものなのです。

久しぶりのフィジカルクラスでしたが

みんなコンディションは良くないので

また少しずつ戻していきましょう!😄


学校も始ま李ましたし、生活のリズムを戻していき

楽しかった夏休みとお別れして

次に向かって頑張っていきましょう!!


今日のMVPは、、、サク!!👏✨

学年が上の選手達に対しても負けずに

1人コンディションが良かったですね😄👍

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アジリティートレーニングを軸に ボールを使ったフィジカルトレーニング ポゼッションを行いました。 アジリティートレーニングでは 短い距離を全方向へ身体が素早く動かせるように 様々な向き、角度のターンを繰り返し行いました。 この種のトレーニングは 細かな方法を並べるよりも ドリル的に何度も量を行って 身体にすり込んでいく方が効率が良いと考えます。 方法やファクターを伝えますが 最終的にはこのトレーニ

トレーニングを行いました。 低学年は1人ひとりが技術的に良くなっています。 話もしっかりと聞けているので トレーニングでも理解が深まってきています。 智晴はトラップの上手くて 速いボールでも止めることができています。 止めてからキックまでの動作をもっと上げることができれば 相手に奪われにくくなるので取り組んでいきましょう。 大峨は毎回できることが増えていっていて どんどん成長していっているように感

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page