top of page

ベンチにいる選手が



トレーニングマッチの日でした。

昨日に引き続き、ディフェンス時のマークの付き方

状況に応じてのゲームの進め方をテーマにしました。


立ち上がり、中盤、終盤

それに点差を考慮して

攻め方、守り方を変えていきました。

選手達もだいぶ理解してきたように思います。


特にディフェンス面では成長が感じられました。

素早く切り替えができていましたし

ポジショニングも良かったです。


相手がどうとかではなく

自分達のテーマを意識して

どんな相手でも、どんな状況でも

自分に課題を持ってプレーすることを昨日と今日は伝えました。


綾太はパススピードが速く

狭いギャップでもだいぶ通せるようになりました。

緊張感のある試合でも、プレーを安定させることが課題です。



諒祐は切り替えが良くなり

ポジションニングのミスが減ってきました。

シュートに力が入り過ぎているので

フィニッシュの精度を高めていきましょう。


最近はベンチに入った選手達が

質の高いコーチングができていることにも成長を感じます。

試合に出ていないから休憩ではなく

常に自分達の考えを味方に伝えれるようになっています。

素晴らしいことですね!


本日もご参加頂きありがとうございました!






ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

走れないは楽しめない

トレーニングマッチを行いました。 U9は相手のサイドから個人技で崩されてしまい CBがカバーに入る為に中央から引っ張り出され エリアの中でフリーを作ってしまいました。 最後は試合では1対1で飛び込まずに シュートブロックをしっかりとでき 攻撃では一翔の突破と 大峨の積極的なミドルシュートからチャンスを作り 何とか1点を守り切れました。 まだ技術的な差はあるので もっとトレーニングできる時間を作りた

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page