top of page

ベンチにいる選手が



トレーニングマッチの日でした。

昨日に引き続き、ディフェンス時のマークの付き方

状況に応じてのゲームの進め方をテーマにしました。


立ち上がり、中盤、終盤

それに点差を考慮して

攻め方、守り方を変えていきました。

選手達もだいぶ理解してきたように思います。


特にディフェンス面では成長が感じられました。

素早く切り替えができていましたし

ポジショニングも良かったです。


相手がどうとかではなく

自分達のテーマを意識して

どんな相手でも、どんな状況でも

自分に課題を持ってプレーすることを昨日と今日は伝えました。


綾太はパススピードが速く

狭いギャップでもだいぶ通せるようになりました。

緊張感のある試合でも、プレーを安定させることが課題です。



諒祐は切り替えが良くなり

ポジションニングのミスが減ってきました。

シュートに力が入り過ぎているので

フィニッシュの精度を高めていきましょう。


最近はベンチに入った選手達が

質の高いコーチングができていることにも成長を感じます。

試合に出ていないから休憩ではなく

常に自分達の考えを味方に伝えれるようになっています。

素晴らしいことですね!


本日もご参加頂きありがとうございました!

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:114回0件のコメント

最新記事

すべて表示

U8は昨日の試合で課題だった ディフェンス面に取り組みました。 どこでボールを奪うのか 狙いを持って意図的に奪うことをテーマにしました。 チャレンジとカバーをはっきりさせ コースを限定して相手の出しどころをなくす。 とても手応えがあって 1時間があっという間に過ぎました💦 最後の方は良い形で奪うことができて ポジショニングも少し良くなりましたね! 伝えたいことが多くて 時間が足りていませんが 限

U8はトレーニングマッチでした。 横幅を大きく使うことをテーマにしました。 オフェンスに関しては意識してサイドチェンジがあったり ワイドのポジションを取ることで センターハーフにボールをつけることができ そこから良い形でゴールを奪えるシーンもありました。 この年代の選手達はまだ何が良いプレーで 何が良くないプレーなのかの判断ができません。 ワンプレー毎に「ナイスプレー」「こうした方が良い」と 声を

ステップワークと基礎トレーニングをメインに行いました。 『スピード感を持ってプレーする』 日産カップで掴んだ今後の成長へのヒントを意識して 基準と強度を上げながらトレーニングしました。 選手達も少し元気を取り戻しつつあるし 次の試合に向けて良い準備ができそうです。 低学年の選手達は とても成長が早くて驚かされます。 良い見本が目の前にいることは 彼らのメンタル面やプレー面の成長に 良い影響を与えて

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page