top of page

プロになる為の道筋



ウィンタースクール2日目


トレーニング前

興奮気味に「昨日すごかったんだよ!」と話してくるスクール生。



イベントでサッカー選手を沢山観たそうで

あの選手がどうだった、あの選手はああだったと

目をキラキラさせて話してくれました。


自分もペルージャのユースに所属していた頃は

フェンス1枚向こう側で

何億もの大金を稼いで

多くの期待を背負ってプレーしている

トップチームの選手達がトレーニングを毎日見ていました。



常にプロ選手を間近で見ることで

プロがどれだけの気持ちでサッカーに向き合っているのか?

プロになるためにはどうしたら良いのか?

プロのレベルはどんなものなのか?


毎日、「プロ」になる為の道筋について考えていました。

そして、それらは全ての行動に表れます。



コーチから、親から

「プロの選手は、、、」と聞くよりも

実際に自分の目で見て得られる情報は強烈に子供達の心に刺さります。


このような素晴らしい機会を作ってくださった

本田選手を初めとするレジェンドプレーヤー達に感謝です。



さて、今日のトレーニングはクロスフィットをメインに行いました。


かなりハードな内容でしたが

参加者全員が全く手を抜くことなく

強度の高いトレーニングに取り組んでくれました。



ターンについても

自分のターンを見つけられるように

色々と試すように伝えましたが

身に付けられるようになるには

もう少し時間がかかります。

自分の個性にあった走り方

ターンの仕方を見つけることが

このウィンタースクールのテーマです。



あと残り2回。

有意義な時間になるようにしていきましょう!


今日のMVPは、、、生!!👏


生:7.5

生の力強い走り方はとても個性があって

ターンも1回で逆方向へ曲がることができます。

身体に負担のかかる動きをするので

怪我しないか心配になることもありますが

ゴム毬のようにピョンピョン跳ねながら走っていきます(笑)

今日も素晴らしい走りを見せてくれました。




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:120回0件のコメント

最新記事

すべて表示

距離感と受け渡し

基礎と2vs2を行いました。 テーマは『距離感と受け渡し』です。 ディフェンス時にマークを受け渡すことにフォーカスしました。 距離感に関しては インターセプトを狙いつつも 相手に背後を取られない距離を意識するように伝えました。 相手に付けるようにはなってきていますが 同時に付き過ぎると背後も狙われやすくなるので その辺は相手の選手の特徴にも合わせて 適切な距離を設定する必要があります。 マークを受

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page