top of page

フラットな状態との誤差を埋める

フィジカルクラス(新木場)

本日のテーマは【中距離ダッシュ】でした!

長い距離を走った後に

如何に正確にスキルが発揮できるかにフォーカスしました。

どちらかというと、短い距離を様々な動作で繰り返し走ることで

サッカー的な体力作りを目指しているのが

ペルージャジャパンのフィジカルトレーニングの特徴の1つです。


ただ、サッカーの中では中距離をトップスピードで走ることもあり

そういった比較的長い距離を走った選手に

ボールが繋がる時はチャンスが生まれやすい傾向にあると感じます。


長い距離を走った後は

心拍数が上がっているので

簡単なパス、シュート、ドリブルでも

信じられないようなミスが起こります。

如何に疲労のある身体で

正確にボールをコントロールできるかが大事です。

心拍数が上がった状態を意図的に作り出し

その直後にシンプルなスキルトレーニングを行いました。


体力的に消耗するとミスが目立つので

フラットな状態との誤差を埋めれるように

もっと強いフィジカルを作っていきましょう!




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page