フラットな状態との誤差を埋める

フィジカルクラス(新木場)

本日のテーマは【中距離ダッシュ】でした!

長い距離を走った後に

如何に正確にスキルが発揮できるかにフォーカスしました。

どちらかというと、短い距離を様々な動作で繰り返し走ることで

サッカー的な体力作りを目指しているのが

ペルージャジャパンのフィジカルトレーニングの特徴の1つです。


ただ、サッカーの中では中距離をトップスピードで走ることもあり

そういった比較的長い距離を走った選手に

ボールが繋がる時はチャンスが生まれやすい傾向にあると感じます。


長い距離を走った後は

心拍数が上がっているので

簡単なパス、シュート、ドリブルでも

信じられないようなミスが起こります。

如何に疲労のある身体で

正確にボールをコントロールできるかが大事です。

心拍数が上がった状態を意図的に作り出し

その直後にシンプルなスキルトレーニングを行いました。


体力的に消耗するとミスが目立つので

フラットな状態との誤差を埋めれるように

もっと強いフィジカルを作っていきましょう!

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Tiramisù

クロスボールのトレーニングを行いました。 低くて速いボールを中に入れて FWはそれを合わせてシュートを打ちます。 今週は全てのクラスでクロスボールのトレーニングを行なったので どんな軌道のボールを入れるのか だいぶクロスに対するイメージが伝わってきた感じはあります。 サイドからの攻撃はボールホルダーと マークする相手との視野の角度が大きくなるので 守る側からすると守りにくい攻撃になります。 その分

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon