top of page

フィジカルテスト



フィジカルテストを行いました。

前回から少し期間が空いてしまいましたが

全体的に数値が伸びています。


特に瞬発系の数値が

前回と比べて良くなっていました。

ドリブルも速くなってますね。


数値は当然良くなっているのですが

それよりも数値では測れない部分もかなり成長しました。

判断だったりポゼッション能力であったり

戦術理解もそうですね。


このチームはポテンシャルを持っていますし

全てにおいてまだこれからもっと良くなっていきます。


それはピッチ外の面でもそうで

今週、フィジカルクラスで1人の選手が目標タイムに入れず

他の選手全員がもう1セットトレーニングをすることになりました。


みんな体力は限界に近いはずなのに

詠心や蒼はその選手を責めることはなく

それどころか、「ドンマイ!」と励ましていたり

すぐに切り替えて次に向かっていました。


少し前なら、詠心は自分の基準が高いだけに

他の選手ミスを許せないこともあったし

蒼は他の選手に全く無関心なタイプでしたが

2人ともすごく心が成長して

自分以外のことも考えられる素晴らしい人間性が育っています。

これはとても大事なことですね!



アカデミーでは常々、「サッカーだけ上手い選手に魅力はない」と伝えていますが

みんなそれを良く理解して

全員が漫画の主人公のような振る舞いがあって

誰1人脇役がいない、そんなチームに成長しつつあります。


誰かの悪口を言ったり

誰かを責めたりすることは

時に楽しく感じることもあるし

それは簡単なことですが

上手くいかない時こそ

責めるのではなく、盛り上げれる選手であってほしいと思います。


イタリア人がみんな自信満々で

自己肯定感が高く堂々と自分の意見が持てるのは

子供の頃にたっぷりの愛情と

常に「あなたは素晴らしい人間だ」と言われて育つからだと言われています。

もし、子供が誰かの悪口を言っている場合は

まず自分の言動を確認してみてください。

言葉の1つひとつを丁寧に気をつけて

子供達が前向きになれる環境作りを我々大人が作っていきましょう。










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comentarios


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page