top of page

フィジカルは技術より重要



食事を沢山食べているのに

中々身体が大きくならなず

悩んでいる選手もいるかと思います。


私自身、イタリアでプレーするようになった頃

外国人とのフィジカルの違いに焦って

食事を色々と改善したりもしましたが

身体が大きくならないことに悩みました。


もし、時間を戻せるとすれば

小学生の頃から食事に対してのリテラシーを高く持って

食に対しての正しい知識を必死に勉強して取り組むと思います。


身体作りはプレーヤーにおいて重要で

どれだけ才能があったとしても

ジュニアユースまでは才能だけで通用しますが

ユース以降はフィジカルがなければ

トップレベルでプレーすることは難しいというのが現実です。


よく小学生の頃に天才と評されていた選手が

消えていく理由の多くが

私はフィジカル面の問題だと経験上感じています。


だから小学生の頃から身体作りに取り組むことは

長期的な視点で考えると

技術向上よりも大事なことだと思っています。


では、ここからが本題です。

今回のチームプロでは


【いっぱい食べているのに体重が増えない理由?】


上記の内容をテーマに動画が配信されました。


動画内では4つの原因が挙げられています。


①朝ごはんが少ない

→昼や夜に沢山食べたとしても、トータルの量が少なくなる。


②間食がない

→ジュニアアスリートにとっては、朝昼晩の3食で栄養素を補うのは難しい。

トレーニング前後に食べて、1日4,5食程度がお勧め。


③バランスが悪い

→例えばタンパク質ばかりを摂取しても身体は大きくならないので、バランス良く食べることが大事。


④睡眠時間が足りない

→平均で8時間以上は睡眠を取るようにする。


以上。


どれも当たり前ではありますが

殆どの選手が(親が)できていないことですね。


選手に意欲があっても親のサポートが必要で

親の理解やサポートが追いついていないケース。


親のサポート、熱量があっても

選手の意欲がないケース。


またはその両方。


ジュニアアスリートの身体作りは1人ではできません。

親子で話し合って

食事に対する重要性と理解を深め

一緒に取り組んでいくことが大切ですね!


詳しい内容は

チームのグループLINEで動画を送信しますので

そちらでご確認ください。




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:102回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

走れないは楽しめない

トレーニングマッチを行いました。 U9は相手のサイドから個人技で崩されてしまい CBがカバーに入る為に中央から引っ張り出され エリアの中でフリーを作ってしまいました。 最後は試合では1対1で飛び込まずに シュートブロックをしっかりとでき 攻撃では一翔の突破と 大峨の積極的なミドルシュートからチャンスを作り 何とか1点を守り切れました。 まだ技術的な差はあるので もっとトレーニングできる時間を作りた

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page