top of page

フィジカルは技術に安心感を与える



 

【menu】

❶フィジカルトレーニング→❷3vs1+(1vs1)→❸ゲーム

 

【keyfactor】

・クロスフィット

 


フィジカルトレーニングを行いました。

クロスフィットを取り入れてから1ヶ月が経ち

選手達の身体が少しずつ変わってきて

最後まで全力で走れる選手が多くなってきた印象です。


昨日、新木場のスクールで、「コーチは俺達より速く走れるの?😏」と煽られ

実際に自分が作ったトレーニングを自分で頂きましたが

ゲロを吐きそうなくらいの美味でした🤮(笑)



1本走っただけでも、普段から運動をしていなければ身体全体が筋肉痛間違いなしです。

それだけ強度が高くて厳しいトレーニングですし

毎週、やっている選手達は本当に良く頑張っていると思います。



拓奨にいたっては水曜日の新木場校でもやっていますし

「拓奨は上手い(才能がある)から」で片付けられがちですが

チームで最もフィットネスが高いのは努力の証拠ですね!

新木場では6年生ともプレーしていますが、フィジカルで負けてないし

フィジカルで負けないので、プレー面で質がかなり保てています。

フィジカルは技術に安心感を与えます。


特に日本はサッカーをする上で技術ばかりがフォーカスされがちですが

極論ではありますが、上を目指すのであれば、技術よりフィジカルです。

いくら技術があってもフィジカルがなければ本当に難しいし

逆に技術がなくても、フィジカルがあれば何とかなる場合があります。



海外のプロサッカークラブの育成機関で、プロになっていく選手を何人も見てきましたが

共通しているのは皆フィジカル的優れているということ。

なぜ、日本のトップクラスの選手が海外で活躍できないか

その問題の1つにフィジカル的要素は間違えなくあります。

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page