top of page

ピッチ内外はリンクする



 

【menu】

❶w-up→❷基礎トレーニング→❸動き出し→❹ポゼッション→❺シュート練習→❻ゲーム

 

【keyfactor】

・トレーニングに対する姿勢

・予備動作

 


アカデミーがどんなゲームプランを持って

どういった姿勢でトレーニングに取り組むのか

新加入の選手達も多いので

これまでの選手達に確認の意味も含め

もう1度原点に戻り、シンプルでとても大事なことを伝えていきました。



1回のトラップ、1本のパス、1つの動き

その全てをイメージを持って行うこと。

世界中のサッカー少年が今日もトレーニングを行う中

『どこで差をつけるのか?』



それは常にイメージを持って

緊張感を保ち、そして楽しむことも忘れないよう

トレーニングに対して全ての情熱をぶつけることだと思います。


オフ明けで体力的に厳しい中

みんな集中して取り組んでくれました。

5年生の尚志や瑛大も、まだ時間は必要ですが

学ぶ姿勢があり、顔つきが変わってきたように思います。



それと、アカデミーではいつも色んな選手に感じることですが

今日だったら生や綾太、風佳は周りが良く見れて

困っている人を助けてあげられる優しさがありました。


頼んでもないのに、仲間を助けられる選手は

試合中にも仲間を助けられる選手、状況が悪い時に頑張れる選手だと思います。

ピッチ内とピッチ外はすごくリンクしていて

今はどちらかが比例していなくても

いずれ必ず人間性はピッチに出てきます。



もっと言えば、子供達は親やコーチの影響をすごく受けるので

子供と親、選手とコーチも当然リンクしていると思います。


「目の前の選手は自己肯定感を持ち自信を持っているか」

「仲間を助けられる強さを持っているか」

「向上心を持ち、常に意識を高く保てているか」

鏡を見るように選手達を見る必要があると思っています。


1回1回が彼らにとって特別な時間なので

限られた時間で伝えられることは全てぶつけていきます。

今日もグラウンドまでお越し頂きありがとうございました!

明日も宜しくお願い致します。


ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page