top of page

パスは1本まで

ラ・テクニカ(横浜)

今日のテーマは【2vs1】でした。

対人プレーにフォーカスしたトレーニングです。


2vs1はオフェンス側は

勝たないといけないシュチュエーションです。


最低でもシュートまではいけるように意識してください。


優先順位は

①自ら突破してシュート

②味方を使ってシュート

③味方を使ってリターンをもらってシュート

パスの本数が多くなればなるほど

実際の試合では数的優位ではなくなる可能性が高まるので

数的優位の場面では

できるだけ時間をかけないことが重要です。


自ら突破してシュートを打てるのであれば

突破することを選択しましょう。

パスを出すにしても

決定的なパス(受けた選手がシュートに繋がるパス)を出すように。


パスの本数は1本までに限定して

シンプルに早くシュートを打つことを意識させました。


良い形でシュートを打てる場面が多くありましたね!


今日のMVPは、、、蒼!!👏

緩急のあるドリブル

判断

シュート精度

どれも高いレベルでした😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

距離感と受け渡し

基礎と2vs2を行いました。 テーマは『距離感と受け渡し』です。 ディフェンス時にマークを受け渡すことにフォーカスしました。 距離感に関しては インターセプトを狙いつつも 相手に背後を取られない距離を意識するように伝えました。 相手に付けるようにはなってきていますが 同時に付き過ぎると背後も狙われやすくなるので その辺は相手の選手の特徴にも合わせて 適切な距離を設定する必要があります。 マークを受

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page