top of page

パスの本数を減らす



 

【menu】

❶フィジカル→❷基礎トレーニング→❸2vs1→2vs2

 

【keyfactor】

・腕の使い方

・基礎のベースアップ

・速攻

 


前回の試合で攻撃の遅さが課題だったので

速攻のトレーニングを行いました。


相手のコートに入った時に

積極的に仕掛けてボールを時間をかけずにシュートまでいけるよう

時間的な制限を設けて

速攻で攻めるトレーニングを行いました。



極力パスの本数を減らして

数的優位な状況で

確実にシュートまで持っていくように伝えました。


トレーニングの意図は伝わっていたので

積極的なプレーが沢山見れましたが

まだまだ精度が低いので

スピード感のある中でも

もっと正確にプレーできるようにしていきましょう!



今日のシュチュエーションでは

選択肢はドリブルかラストパスかです。

パスの場合はパスが返ってこないように

十分に引きつけましょう。


シュートの場合は

できるだけ時間をかけずに

自ら仕掛けて必ずシュートで終わるようにすることがポイントです。


今週末はトレーニングとなりますので

今日の課題をしっかり復習していきましょう!





ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランジションと球際

U12はトレーニングでした。 ラントレを50分した後 ゲーム中心の内容でしたが 「責任を持って自分のマークを外さない」をテーマに トランジションと球際の強度にフォーカスしました。 ラントレの後だったので かなり疲労感があって マークを徹底するのが難しかったですね。 「コーチ!マーク!!」 何度も諒祐のマークを外してしまい 選手達の容赦ない指摘が、、、(苦笑) 今日はラントレからトレーニングまで 諒

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page