top of page

バックラインの落ち着き

トレーニングマッチを行いました。


昨年夏に1度も勝てなかった相手との試合で

この1年間でどれだけ成長できたのか確かる良い機会でした。


バックラインの選手達に

簡単にパスを出すのではなく

落ち着いて相手を良く見て

ターンして相手を剥がせるなら

積極的に剥がしていこうと話しました。

狙い通り、バックの選手が落ち着いてターンし

相手を剥がしたビルドアップしたことで

相手チームはプレスをかける力が弱まり

前を向いて余裕のある状態で攻撃をスタートできました。

今日の試合は生の突破がかなり相手にダメージを与えることができ

結果的に綾太や拓奨にスペースを生むことができました。

これまで、詠心、拓奨、綾太の縦ラインを中心とした崩し方が

得点の殆どのパターンでしたが

生、蒼、諒祐や雅斗など

サイドの選手がかなり成長して

サイドの深い位置まで突破することができています。


育成という意味で

個人レッスンで見ている

生、雅斗、諒祐がスキルアップし

チームにフィットしてきたことは

チームとしても個人的にも嬉しく思っています。


今回の相手は、昨年0-3で負け

1本も取ることができなかった強い相手でしたが

今日は1つも落とすことなく

素晴らしい内容のサッカーができたことは

選手達も自信になったはずです。

間違えなく個々としても、チームとしても成長できているので

自信を持って大会に挑みましょう!


U8は久しぶりに試合を見ることができましたが

みんなめちゃくちゃ楽しそうにプレーできていて

担当のコーチから愛情を受けて

サッカーはもちろん

しっかり大切なことを教えてもらえていると

選手達を見て感じますし

藍玖は昔の綾太のようにボールの扱いが上手で

海凪は拓奨のようなリーダーシップを感じます。


今は楽しむことが最も大事で

今日はそれができており

個々のスキルも伸びている選手が沢山いました。

彼らのサッカーを見て僕自身学ぶことがありました。


U8は今日で本年度最後の活動でしたね。

すっかり忘れており

ご挨拶できず申し訳ございませんでした。

本年度なありがとうございました!

良いお年をお迎えください。




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:148回0件のコメント

最新記事

すべて表示

成長できる環境

基礎のベースアップを中心としたトレーニングを行いました。 アジリティートレーニングにFUNの要素を加えて 選手達が最後まで飽きずにトレーニングできる設定を意識しました。 複数のトレーニングをテンポ良く行う場合もあれば 1つのトレーニングで設定を細かく変えながら行うこともあります。 どちらでも良いのですが 間延びしてしまわないように 選手達の集中力(緊張感)が最大限に保たれることが大事にしています。

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page