ドリブルは一括りにできない


【menu】

❶基礎トレーニング→❷1対1→❸6vs3→❹5vs3→❺ゲーム

【keyfactor】

・対人プレー



初めて1対1を行いました。

これまで基礎トレーニングとポゼッションをメインにトレーニングしてきましたが

ある程度基礎ができてきたいので

並行して対人プレーも少しずつやっていきます。



ドリブルは一括りにすることはできなくて

大きく分けて『抜く』というドリブルと『運ぶ』ドリブルがあります。

これまでポゼッションの中で運ぶドリブルは自然とプレーしていましたが

抜くドリブルについてはやってきませんでした。




今日は抜くドリブルをやりましたが

まだ間合いや緩急がめちゃくちゃで

ただ思いっきり向かっていくだけなので

頭を使ってドリブルもやることが大事です。




クリスティアーノはスピードがあって

1対1で勝負できていました。

リョウスケも対人になると力を発揮できる選手です。

抜き去るドリブルは失敗のリスクが高いプレーですが

アタッキングサード(高い位置)では失敗を恐れずに

試合の中でも自信を持ってどんどん仕掛けていきましょう!




タツミは集中してトレーニングできていました。

周りをよく見てプレーや発言ができていました。

丁寧にトレーニングに取り組んでいることが伝わってきました。




ユヅルとリョウタはゲームの中でもう少し工夫が必要だと感じました。

2人とも能力があるので

今のスキルで自分の持つの選択肢の中から

状況判断をやめずに

最善のプレーを選択できるようにしましょう。











ペルージャジャパン

河井コーチ

41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon