top of page

トラップは時間とスペースを生む


 

【menu】

❶基礎トレーニング①→❷基礎トレーニング②→❸ポゼッション

 

【keyfactor】

・トラップの精度

 

スクールのキャンプでトラップをテーマにトレーニングを行いましたが

すごく手応えがあって、実際にキャンプで良くなった選手が多かったので

アカデミーでも共有したいと思い

キャンプで行ったトレーニングを中心にトレーニングを行いました。

この2ヶ月でトラップに対する意識がだいぶ変わって

多くの選手がトラップのスキルが向上しています。

正直、この短期間でこんなにも良くなると思いませんでした。


それくらい選手達が一生懸命に取り組んでくれていますし

高学年だけでなく、低学年の選手もすごく成長してきています。

トラップができるようになると

ポゼッション時に時間が生まれます。

時間とスペースをうまく活用できるように

これからも止める、蹴るは徹底的に行っていきたいと思います。

低学年に関しては、まだポゼッションは難しいですが

高学年の選手達も

初めは全然できないところからスタートして今があるので

諦めずに続けてやっていれば必ず理解できるようになります。


高学年の選手達は、トラップの精度がよくなった事が

ポゼッションの質を上げているのは明らかです。

全体的なベースアップが図れていると思います。

明日は高学年は試合があります。

オフ明けで久しぶりの試合なので

怪我なく楽しんでプレーしましょう。

低学年は日曜日のカップ戦が中止となり残念でした。

また低学年も試合の機会を作ります🙇‍♂️

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page