top of page

トラップは判断の要素も必要

フィジカルクラス(新木場)


今日のテーマは【方向転換】でした。

トラップと同時に身体を捻り、方向転換を行います。

フィジカルトレーニングでは

体重移動を早くすることをテーマにトレーニングを行いました。


陸はクイックネスがあり

心一はコンタクトが強いです。


ダッシュのトレーニングですが

長短のターン、タックル、ダッシュなど

様々な要素があって

お互いに長所を活かせる箇所があり

苦手な部分もあります。

長所を伸ばしつつ

短所を改善して

少しでもタイムを縮められるようにしていきましょう!

技術的なトレーニングでは

今日はトラップにフォーカスして行いました。


ただきたボールを止めるだけがトラップではありません。

そのボールを次プレーしやすい場所に止めることが大事です。

相手の動き、スペース、受ける位置

状況によってベストな位置にボールを置けるように

良いトラップをするには判断の要素も必要になります。

技術的にトラップは上手いけど

判断力がない選手もいるし

判断力はあるけど

トラップの技術がない選手もいます。


トラップは技術と判断、その両方が伴って初めて成立するので

技術と判断の両方を伸ばしていきましょう。




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page