top of page

トラップの基準

横浜校(プリマ)


今日のテーマは【ターン】でした。

ボールを受けてターンするトレーニングです。



ターンがテーマでしたが

トラップを足元に止めることをにフォーカスしました。


まずは足元にしっかりと止められないと

次のプレーには移れません。



止めるの定義は様々ですが

ペルージャの選手達に求めるのは

完全な静止状態。

ボールが動かずに回転もせず

ピタっと止まった状態をトラップの基準にしています。


少しずつ意識も変わってきて

選手達の中でもトラップの基準が上がってきています。



トラップができるようになると

ドリブル、パス、シュート、全てにおいて成功確率が大幅に上がるので

まずは足元にピタッとつけれるようにしていきましょう!



今日のMVPは、、、雅斗!!👏✨

トラップの技術がかなり上がりました👀

しっかりとトレーニングしている成果が出ています😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体力がないは言い訳

フィジカルトレーニングとトラップをテーマにトレーニングしました。 ラントレを初めて走る選手も多く 体力的に厳しそうな選手もいましたが 最後まで良く頑張りました。 「体力がない」は言い訳です。 長距離は誰でもトレーニングで走れるようになるので 継続してやり続けることが大事です。 今日、走れなかったとしても大丈夫。 明日頑張れば良いし 今日頑張れたなら 明日もきっと頑張れます。 メンバーが新しくなって

自分に負けてしまうこともある

フィジカルトレーニングを行いました。 低学年はいつもよりペースを上げて走りました。 足が速い、遅い 体力がある、ない 現時点での差は気にしなくて良くて 自分の中で限界まで走ったのかが大事。 殆どの選手が追い込むことはできていないけど 頑張れている選手も中にはいる そんな選手は今は体力がなくても 必ず体力はついてくる。 ただ、今日頑張れなかったから じゃあ自分はダメなのかというと そうではなくて ど

Commentaires


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page