top of page

ディフェンスは組織的に守る

ラ・テクニカ(横浜)


今日のテーマは【ディレイ】でした。

相手の攻撃を遅らせるディフェンスの仕方にフォーカスしました。

ディレイする時に気を付けるポイントは

まず「ディレイが必要な状況か」判断すること。


相手の攻撃を遅らせるのは

こちらのディフェンスの枚数が足りていない時。

数的不利(場合によっては数的同位)の場合は

ディレイして相手の攻撃を遅らせましょう。


では、実際に遅らせる方法ですが

ボールホルダーに対してアプローチをかけず

一定の間合いを取って下がりながらディフェンスします。


仕掛けてきたらアプローチできるし

パスを出されても対応できる

曖昧なポジションを取ることが大事です。


これにより、相手の判断が遅れて

味方が戻る時間を作ることができます。


ディフェンスは組織的に守ることができれば

どんな相手でも対応できるようになるし

味方との連携が上手くいけば非常に楽しくなります。


声をかけ合って、相手の攻撃を上手く遅らせていましたね!

みんなにディフェンスの楽しさが伝えられたかと思います😄


今日のMVPは、、、リョウスケ!!👏✨

ゲームの中で素晴らしいディフェンスが何度もありました👀

突破力もついてきましたね😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

Comentarios


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page