top of page

ディフェンスは数学のよう



 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷マークの受け渡し→❸シュート練習→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・コミュニケーションを取る

・中に絞る

 


先週に引き続きマークの受け渡しを行いました。

前回の試合でもだいぶディフェンスは良くなりましたが

まだマークが甘かったり、カバーリングができていなかったり

ポジショニングが良くないことがあるので

確認しながらトレーニングしました。



ディフェンスで組織的に守るには

味方と意思の疎通が大切です。

1人はアプローチで、もう1人もアプローチだと、バランスを崩します。

1人がアプローチに行ったら、1人はカバーをします。



また、寄せるのか寄せないのか問題もあります。

枚数が足りていないのに(特にカウンターなどを受けた時)

寄せてしまうと、抜かれたらゲームオーバーなので

ディレイ(遅らせる)して味方の戻る時間を作り

数的優位を作ります。



1対1で勝負する必要はないので

常に局面で数で上回っている状況を作ることができれば

自分達より強いチーム相手でも守ることができます。



誰かリーダーになるのではなく

ディフェンスは全員が責任感を持つことが大事です。

拓奨や綾太、諒祐にキーパーやセンターを任せることが多いですが

彼らは責任感が強く、チームを引き上げることができます。

3年生とは思えない程、戦術も理解してきましたね!



ディフェエンスは奥が深く数学のようにはっきりと答えがあるので

子供はあまり好きではないかもしれないですが、覚えていくと本当に面白いです。

みんなに守ることの楽しさも伝えていけたらと思っています。








ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Comentários


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page