top of page

ディフェンスは数学



ホームでトレーニングを行いました。

最近はディフェンスのトレーニングを中心に行っています。


ディフェンスはオフェンスと違って

全てのプレーに数学のように『理由』があって

決まり事の中からベストな選択肢を選んでいかないといけません。


1人の選手が正しくても、1人の選手が正しくなければ成立しないので

この年代ではオフェンスよりも難易度が高く

簡単には理解しできるようにはなりません。


ただ、目先の勝利を目指すだけであれば

こんな遠回り必要なく

それ故に、殆どのチームはディフェンスを教えることなくジュニア年代を終えます。


何度も心が折れそうになる作業ではありますが

選手達はすごく頑張っているし

必ずこの壁を乗り越えられると信じています。

そして、ここを乗り越えれば素晴らしいチームになれます。


今は、あれこれ言い過ぎて、逆にバランスを崩してしまっている印象ですが

本当の意味で『成長』に繋げる為には

避けては通れない道ではあります。


今日の試合でも今までは見過ごしていたことを

1つひとつ拾っては修正しての繰り返しで

選手達も全然楽しそうではないし

それは今日の試合だけでなく

最近のトレーニングからずっと楽しませてあげれておらず

もっと思い切ってやらせてあげたい気持ちもありますが

今は苦しんでおくことも必要だと感じているので

自分も選手達と成長していきたいと思います。


ディフェンス面の『違和感』に敏感になり過ぎるあまり

良かった面に視点を向けてあげることができず

個人的には反省点の多い試合となりましたが

チームとしてはとても意味がある試合となりました。


本日もご参加頂きましてありがとうございました!







ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

走れないは楽しめない

トレーニングマッチを行いました。 U9は相手のサイドから個人技で崩されてしまい CBがカバーに入る為に中央から引っ張り出され エリアの中でフリーを作ってしまいました。 最後は試合では1対1で飛び込まずに シュートブロックをしっかりとでき 攻撃では一翔の突破と 大峨の積極的なミドルシュートからチャンスを作り 何とか1点を守り切れました。 まだ技術的な差はあるので もっとトレーニングできる時間を作りた

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page