top of page

チャレンジできる環境

トレーニングマッチでした。

前からのプレッシャーが強い相手に対して

ビルドアップでロスト→失点の形が何度かありました。


あと1歩、角度をつけられたら

あと0.5mパスコースを外せたら

あと少し早くコーチングができたら


ほんの少しの掛け違えで

この育成方法を選択した時点で

ある程度覚悟しないといけない部分であって

点差は全く気にしなくていいのですが



その原因が勇気が足りないことによるものであれば

それは変えていかなければいけません。


相手のプレッシャーがかかる程

逃げずに自分を試してほしいと思うし

それが楽しめる状態であってほしいと思います。



それは我々大人がチャレンジできる環境を選手達に作らなければなりません。

トレーニングでも、家庭でも。

「ミスしたら怒られる」

この考えが頭にある時点で我々大人に責任があります。



今日の試合を観ていて

そういった面で責任を感じましたし

もっとチャレンジを楽しめる環境を与えなければと感じました。



「角度をつけないと奪われるよ」

ではなくて

「角度をつければもらえるよ」

であるべきで

「スペースに顔を出さないと繋がらないよ」

ではなく

「スペースに顔を出せばパスを受けられるよ」

なのです。



これはサッカー以外でも置き換えることができます。

伝え方の視点を変えるだけで

選手達のモチベーションをコントロールできます。

僕自身、まだまだポジティブになりきれてない時があるので

もっと気をつけて言葉を使っていかなければと

今日の選手達の勇気のなさを見て感じました。


ただ、できることは本当に多くなりました。

このやり方で結果を出すことは今は難しいのですが

続けてきたことで半分くらいの選手はハイプレスでも回避できる「技術」をつけています。


ビルドアップは全員が理解して技術がないと機能しにくいので

引き続きベースアップに取り組んでいきます。


1試合目のように

相手に「ハイプレスかけると崩される」という印象を試合の中で持たせられたら成功です。

自分達も「ハイプレスが来たらチャンス」と思えるように

まずはチャレンジできる環境を

これまで以上に気を付けて作っていきたいと思います。






ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

走れないは楽しめない

トレーニングマッチを行いました。 U9は相手のサイドから個人技で崩されてしまい CBがカバーに入る為に中央から引っ張り出され エリアの中でフリーを作ってしまいました。 最後は試合では1対1で飛び込まずに シュートブロックをしっかりとでき 攻撃では一翔の突破と 大峨の積極的なミドルシュートからチャンスを作り 何とか1点を守り切れました。 まだ技術的な差はあるので もっとトレーニングできる時間を作りた

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page