top of page

セリエB残留

基礎を中心にトレーニングを行いました。


低学年は『運ぶ』ことをテーマとし

ドリブルのスキルを磨いていきました。

今回Tre①で行ったトレーニングは

ペルージャ(イタリア)でも育成年代で行っているトレーニングで

シンプルですが基本的な要素が詰まっており

フィジカル的にも強度が確保できます。

高学年のTre①もペルージャでやっているトレーニングで

こちらは止める、蹴る、運ぶが全ての要素が含まれたトレーニングです。

こちらもオーガナイズはシンプルですが

試合の中で必要なことが詰まっています。

Tre②③は高学年と低学年共通で

止める、蹴るの基礎を動きのある中で行いました。

ペルージャジャパンのオリジナルトレーニングで

今、彼らに必要な基礎を

少し設定のある中で行いました。


ペルージャジャパンのトレーニングは

イタリアのペルージャのトレーニングをベースにしているものも多くあります。

下部組織の良さは一貫性であり

もし、この中からペルージャのアカデミーに入る選手が出たときに

違和感なくチームにフィットできるようにしています。


そういえば、保護者の方には伝えましたが

トップチームがセリエBに残れる可能性が高くなりました。

まだどうなるかは不透明ですが

今のところセリエB残留と思っていいと思います。


副社長のマウロから

「またジャパンアカデミーの選手達が来るのを楽しみにしている」と

選手達に伝えてほしいと言われました。

ペルージャジャパンのことを本当に良く考えてくれていて

我々に協力してくれます。

私自身も今のチーム、スタッフが大好きだし

ペルージャは降格の危機、クラブの売却等

難しい時期に立っていますが

こんな時こそ、みんなで力を合わせて盛り上げないといけませんね。


我々にできることはペルージャジャパンを盛り上げることなので

このアカデミーの良さをどんどん発信していけるように頑張ります!




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

距離感と受け渡し

基礎と2vs2を行いました。 テーマは『距離感と受け渡し』です。 ディフェンス時にマークを受け渡すことにフォーカスしました。 距離感に関しては インターセプトを狙いつつも 相手に背後を取られない距離を意識するように伝えました。 相手に付けるようにはなってきていますが 同時に付き過ぎると背後も狙われやすくなるので その辺は相手の選手の特徴にも合わせて 適切な距離を設定する必要があります。 マークを受

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page