top of page

セットプレー

U10はトレーニングマッチでした。

オフ明け初めての試合とあって

コンディションが悪く

いつも以上に不用意なパスミス、シュートミスが多い印象です。

ある程度は仕方ない部分ではありますが

相手のペースに合わせて

緊張感のないプレーもあったので

選手達には意識を自分に向けて

どんな相手でも通用するようなサッカーをしようと伝えました。


この試合で気になったことは2つ。

①攻撃に緩急がない

②セットプレーが合っていない


①については、ボールを急いで前へ前へ運び過ぎで

相手選手が全員ペナルティーエリアに戻っているにも関わらず

そこに侵入して何とかしてこじ開けようとするプレーが目立ちました。

押してダメなら引いてみる。

相手をエリアから引っ張り出す為には

意図的にバックパスを選ぶことも必要です。

ずっと押していても相手は慣れてくるので

1度引いてみて、相手を引っ張り出してから

再び加速してエリアに入るとスペースが生まれます。


②はコーナーキックですが

初めはなかなかタイミングが合いませんでしたが

徐々に合うようになってきましたね。

大事なことは、たっぷりと時間を使うこと。

セットプレーは相手にとったら恐怖なので

すぐには蹴らず、悪いイメージを頭に植え付ける時間を与えましょう。


その時にこちらはしっかりと準備をして

エリア外からニア、ファー、センターに別れて入って行きます。

このチームは高さがあるので

セットプレーを活かさない手はありません。

ボールの落下地点を読んで

相手選手より先にボールを触れるようにしましょう!


U8はトレーニングお疲れ様でした。

担当コーチより、自発的に物事を判断して行動できる選手が多いと言っていました。

すごく意欲的に取り組めていたとの報告でした👍

明日はU8、U11ともフットサルクラブ横浜でトレーニングです。

良い準備をしてお越しください。

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【menu】 ❶w-up→❷パス&コントロール→❸シュート練習→❹1対1(切替)→❺ゲーム 【keyfactor】 ・視野の確保 ・切替え パス&コントロールのトレーニングでは トラップ→パスを右足、左足は決めず 選手達に任せて行いました。 状況をイメージしながら行えている選手と そうでない選手ではトレーニングの質が変わります。 多分、殆どの選手が自分の中で課題を持ってトレーニングできていないので

基礎、シュート、1対1を行いました。 低学年は止める蹴るが良くなっている選手が多くなってきました。 トラップの時にインサイドにしっかりと当てられてて パス精度も上がってきています。 高学年は前回のリーグ戦はとても良い内容でした。 普段のトレーニングから 集中して試合を想定してできているので 少ないチャンスで 決めきることができたと思います。 シュート練習では 外に開いてから中にトラップして 角度の

U12はリーグ戦、U9はトレーニングでした。 ここ数試合は厳しい試合内容が続き 結果も伴わないことが多く 選手達も自信を失いかけていました。 今日は体格で勝る相手に対して 丁寧に対応ができたと思います。 1試合目に関しては チームとしてテーマにあげていた速攻で 2回のチャンスで2点奪えうことができました。 ゴールを決めた蒼(水)と綾太は 2人ともすごく真面目な選手で トレーニングからいつも全力で取

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page