top of page

セットプレー

U10はトレーニングマッチでした。

オフ明け初めての試合とあって

コンディションが悪く

いつも以上に不用意なパスミス、シュートミスが多い印象です。

ある程度は仕方ない部分ではありますが

相手のペースに合わせて

緊張感のないプレーもあったので

選手達には意識を自分に向けて

どんな相手でも通用するようなサッカーをしようと伝えました。


この試合で気になったことは2つ。

①攻撃に緩急がない

②セットプレーが合っていない


①については、ボールを急いで前へ前へ運び過ぎで

相手選手が全員ペナルティーエリアに戻っているにも関わらず

そこに侵入して何とかしてこじ開けようとするプレーが目立ちました。

押してダメなら引いてみる。

相手をエリアから引っ張り出す為には

意図的にバックパスを選ぶことも必要です。

ずっと押していても相手は慣れてくるので

1度引いてみて、相手を引っ張り出してから

再び加速してエリアに入るとスペースが生まれます。


②はコーナーキックですが

初めはなかなかタイミングが合いませんでしたが

徐々に合うようになってきましたね。

大事なことは、たっぷりと時間を使うこと。

セットプレーは相手にとったら恐怖なので

すぐには蹴らず、悪いイメージを頭に植え付ける時間を与えましょう。


その時にこちらはしっかりと準備をして

エリア外からニア、ファー、センターに別れて入って行きます。

このチームは高さがあるので

セットプレーを活かさない手はありません。

ボールの落下地点を読んで

相手選手より先にボールを触れるようにしましょう!


U8はトレーニングお疲れ様でした。

担当コーチより、自発的に物事を判断して行動できる選手が多いと言っていました。

すごく意欲的に取り組めていたとの報告でした👍

明日はU8、U11ともフットサルクラブ横浜でトレーニングです。

良い準備をしてお越しください。





ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page