top of page

スペースへのパス

横浜校(プリマ)



本日のテーマは【動きを止めないパス】でした。

味方のスピードを落とさないパスにフォーカスしました。


足元とスペース、両方のパスを使い分けるトレーニングでした。

足元へは速いパス、スペースに出すときは

味方のスピードが落ちない位置にタイミング良く出すことを伝えました。


これまで足元へのパスは良くやってきたので

キーファクターを理解しているし

明らかに以前より成長しているのがわかります。


スペースへのパスは少し難しいそうでしたね!

先を予測して、味方の足の速さとスペースを計算して

スピードが落ちないようにパスを出します。


足元に入り過ぎてスピードが落ちたり

スペースに出し過ぎてアウトしてしまったり

スペースに正確に出すには瞬時に先をイメージできる感覚が必要です。


スピードのある選手に出すは難しいですが

スピードのある選手は裏を取りやすいので

ここが噛み合えば相手からすると

相手は非常に守りにくくなります。


上手く噛み合った時の気持ち良さは

足元にピシッと決まった時とは別の気持ち良さがあります。

スペースへのパスも覚えていきましょう!



本日のMVPは、、、悠氏!!👏✨

キック、トラップにセンスがあり

これから伸び代がすごくある選手です👀

トレーニングの理解力も良くなってきました😄👍

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

横浜校(プリマ) 今日のテーマは【サイドでの1対1】でした。 サイドで1対1からクロスボールを上げるトレーニングです。 現代のサッカーはポリバレント(複数のポジションをこなせる応用力)が必要とされていますが サイドに関してはスペシャリストの方が良いと考えています。 様々なタイプのサイドの選手がいますが 理想的なサイドの選手は 器用ではなくても強い個性を持っている選手。 ボールを持つとみんながワクワ

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page