top of page

スペシャリストが許されるポジション

ラ・テクニカ(横浜)


今日のテーマは【サイドでの1対1】でした。

サイドでの対人プレーの駆け引きのトレーニングでした。

1対1が最も発生するエリアは

アタッキングサードの両サイドです。


このポジションは1対1を仕掛けられる選手を

どのチームも配置すすことが多いです。

一昨日、素晴らしい試合をした日本代表にも

三苫選手や伊藤選手など

突破力のある選手がドイツのディフェンス陣を苦しめましたね。

近年のサッカーはポリバレント(複数のポジションをこなせること)がベーシックになってきていますが

サイドに関しては、ある程度スペシャリストが許されているポジションだと個人的には思っています。

個性的で特徴のある選手

少し『変わった』選手がこのポジションには向いていて

職人的な選手が力を発揮できるエリアです。


右利きの右サイド、右利きの左サイド

またはその逆、様々なケースによりますが

例えば利き足の同サイド(例:右利きの右サイド)の場合

縦に抜けてクロスが最も高い選択肢になります。

今日のトレーニングでは

相手を突破して

中にいる選手にクロスあげるトレーニングでした。


サイドでの1対1は抜き切る必要はなく

クロスを上げられたら良いので

それを利用し、相手との駆け引きしてクロスをあげることがポイントです。

このクラスはサイドを得意とする選手もいて

良い形でクロスが上げられていました。

ただ、キックの精度はもう少し改善していく必要がありますね!

続けてトレーニングしていきましょう。


今日のMVPは、、、生!!👏✨

突破力はあるので そこに駆け引きと技術がつけば

サイドを支配できる選手に慣れます😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page