top of page

ストライカーの条件

川崎校(エッチェレンツァ)



今日のテーマは【決定力】でした。

シュートをテーマにしたトレーニングです。

決定力不足とは良く言われるもので

日本だけの問題ではなく

世界中どこの国でも言われています。


どんなに優秀なストライカーでも

ゴールを決められない時は絶対にあるし

その原因がわからないことも多く

ストライカーというポジションの宿命でもあります。


①落ち込んでしまうのか

②開き直ってしまうのか

③気にもしないのか

反応は様々ですが

最もストライカーに向いているのが③だと思います。


色んなタイプがいると思うのですが

ストライカーは何も考えていないくらいの方が

スランプを脱しやすいと経験上思っています。



そもそもゴールができるのも

ゴールを外してしまうのも

決定力には文化的な要因が大きいと僕は考えています。



日本人は真面目で謙虚でという美徳がありますが

小さな頃から「人に迷惑をかけるな」と育ちます。

そうするとシュートを外したら迷惑がかかると考える選手に育ちます。

イタリア人は自己愛が強く自信家が多いです。

シュートを外しても「次は決められる」と考え打ち続けます。


シュートが上手くなるには『考えない』

そして『楽しむ』ことが最強なのかもしれませんね。


今日のMVPは、、、尚志!!👏✨

高い決定力でしたね😄👍

キーパーをよく見れていました⭐️




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

Commentaires


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page