top of page

ストライカーのマインド


 

【menu】

❶ボールフィーリング→❷シュート練習→❸ゲーム

 

【keyfactor】

・ボールへのインパクト

 

キャンプの疲れがあるので

軽めの内容でトレーニングを行いました。

キャンプでの課題だったシュート。

チャンスは作り出せるものの

最後のフィニッシュの精度が低く

ゴールが奪えないシーンが多くありました。



シュートで最も大切なことは上手くいくイメージを持つことです。

ある程度スキルがつけば

シュートにはその選手のメンタルの強さもろに出ます。



イタリア人は『終わり良ければ全て良し』の考えがあって

プロセスはどうであれ結果を重視するある種の国民性があります。

例えばFWの選手であれば、89分姿を消していても、最後の1分でゴールを奪うことができればヒーロー扱いです。


一方で日本人はプロセスを非常に大切にし

『迷惑をかけないように。ミスしないように、ミスしたくない』というマインドで育ちます。

シュートチャンスになった時に

『これを決めればヒーローだ!』

と、思えるか

『これを外せば責められる…』

と、思うか。

これはイメージに大きく関わってきます。



まずはスキルをつけること。

そして良いイメージを持つこと。

その為に、シュートへの苦手意識を取り除く必要があります。

『俺はシュートが苦手』

そう思ってしまうとシュートが下手な選手になります。

どれだけ外しても決して自分から口にしてはいけないし、考えることもしてほしくない。

シュートミスをしても

『次決めるから黙ってろ』

そんな強気で堂々とできる選手は必ずシュートが上手くなります。



家庭でも決して『お前が決めていれば』なんてことは言わないようにしてください。

『良くシュートが打てたね!』

『良いポジションにいるから打てるんだね!』

というように、シュートに対してポジティブなイメージを植え付けることが

ストライカーになる最も近道ではないかと思います。



ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page