ストライカーのマインド


【menu】

❶ボールフィーリング→❷シュート練習→❸ゲーム

【keyfactor】

・ボールへのインパクト


キャンプの疲れがあるので

軽めの内容でトレーニングを行いました。

キャンプでの課題だったシュート。

チャンスは作り出せるものの

最後のフィニッシュの精度が低く

ゴールが奪えないシーンが多くありました。



シュートで最も大切なことは上手くいくイメージを持つことです。

ある程度スキルがつけば

シュートにはその選手のメンタルの強さもろに出ます。



イタリア人は『終わり良ければ全て良し』の考えがあって

プロセスはどうであれ結果を重視するある種の国民性があります。

例えばFWの選手であれば、89分姿を消していても、最後の1分でゴールを奪うことができればヒーロー扱いです。


一方で日本人はプロセスを非常に大切にし

『迷惑をかけないように。ミスしないように、ミスしたくない』というマインドで育ちます。

シュートチャンスになった時に

『これを決めればヒーローだ!』

と、思えるか

『これを外せば責められる…』

と、思うか。

これはイメージに大きく関わってきます。



まずはスキルをつけること。

そして良いイメージを持つこと。

その為に、シュートへの苦手意識を取り除く必要があります。

『俺はシュートが苦手』

そう思ってしまうとシュートが下手な選手になります。

どれだけ外しても決して自分から口にしてはいけないし、考えることもしてほしくない。

シュートミスをしても

『次決めるから黙ってろ』

そんな強気で堂々とできる選手は必ずシュートが上手くなります。



家庭でも決して『お前が決めていれば』なんてことは言わないようにしてください。

『良くシュートが打てたね!』

『良いポジションにいるから打てるんだね!』

というように、シュートに対してポジティブなイメージを植え付けることが

ストライカーになる最も近道ではないかと思います。



ペルージャジャパン

河井コーチ

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon