top of page

スケール感のあるフィジカル



フィジカルトレーニングを行いました。

アジリティー系のトレーニングを中心に

5つのセッションを30秒のインターバルで、約20分間行いました。



新学期が始まって、新しく入った選手も多いので

できるだけ設定がわかりやすいが

しっかりと負荷が確保できる内容を心がけています。



良いサッカー選手が持っているの特徴の1つに

下半身のクイックネスが挙げられると思います。



ペルージャがやるアジリティートレーニングは

ステップワークというよりは

もう少し大きな筋肉を使う力強いターンやバースト系だったり

ボールと連動したものを意識してオーガナイズしています。


小さくまとまった選手ではなく

ヨーロッパの選手のような

スケール感の大きなフィジカルを作っていきたいと考えています。



誰かを納得させるような

確かなデータはまだありませんが

自分の中の肌感では正解に近い確信を持っています。



Tre②ではポゼッションも行いました。

U11は菱形ゾーンに侵入するポゼッションで

U8はゲームを行いました。



新しく入った選手達は、まず難しいパスを通すのではなく

まずはロストに対する意識を変えていきたいと考えています。



意識を変えることは簡単ではないので

時間をかけて丁寧にやっていきたいと思います。

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page