top of page

スクープターン

ラ・テクニカ(横浜)


本日のテーマは【スクープターン】でした。

スクープターンはドリブルで前進していき、相手の前で背を向けて

インサイドで内側になでるように切り込ませます。



この時にインサイドから離すことなく

軸足でクルッと回って、足の向く方向へ一緒に移動させます。

スクープターンは見た目はシンプルで「そんなんで抜けるの?」と感じましすが

実際にスクープターンをやられると

無回転シュートを受けた時に近いような感覚で

相手からすると非常に足を出すタイミングが難しいテクニックです。


右に抜くか、左に抜くかわかりにくく

ターンの際に足からボールが離れないので

ボールを相手に晒すことがないので奪われにくいです。

スクープターンはボールを触っている足は地面に付かないので

バランスを取ることが難しく

ズッコケている選手もいましたね(笑)


ポイントは、ずっと同じ速さでターンするのではなく

若干抜け出す時にスピードを上げて緩急をつけることが重要です☝️

覚えてしまえば簡単で、実戦でも使える技なので

ここで完結することなく、何度も繰り返しトレーニングして

自分の物にしていきますしょう!

今日のMVPは、、、佑弦!!👏✨

スクープターンがうまくできていました👀

シュート精度も高くて

沢山ゴールを決めることができていましたね😄👍





ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体力がないは言い訳

フィジカルトレーニングとトラップをテーマにトレーニングしました。 ラントレを初めて走る選手も多く 体力的に厳しそうな選手もいましたが 最後まで良く頑張りました。 「体力がない」は言い訳です。 長距離は誰でもトレーニングで走れるようになるので 継続してやり続けることが大事です。 今日、走れなかったとしても大丈夫。 明日頑張れば良いし 今日頑張れたなら 明日もきっと頑張れます。 メンバーが新しくなって

自分に負けてしまうこともある

フィジカルトレーニングを行いました。 低学年はいつもよりペースを上げて走りました。 足が速い、遅い 体力がある、ない 現時点での差は気にしなくて良くて 自分の中で限界まで走ったのかが大事。 殆どの選手が追い込むことはできていないけど 頑張れている選手も中にはいる そんな選手は今は体力がなくても 必ず体力はついてくる。 ただ、今日頑張れなかったから じゃあ自分はダメなのかというと そうではなくて ど

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page