top of page

スキルが発揮できない原因

川崎校(エッチェレンツァ)


今日のテーマは【角度をつける】でした!

角度をつけてボールを受けるトレーニングです。



ボールを受ける時に大切なのは

相手から離れてフリーで受けることにあります。


できるだけフィジカルコンタクトを減らし

如何にフリーの状態を作れるかで

次のプレーに大きく影響を与えます。



今日は『角度をつける』ということにフォーカスしました。



まずは少し大袈裟なくらい

角度をつけてフリーの状態を作るのですが

今日の設定では後方からのパスだったので

下がりながら受けることになるのですが

この時にバックステップではなく

できるだけ前を向いて走り

受ける瞬間に身体を開くことです。



こうすることで、バランスを崩しにくくなり

パスがずれても対応でき、角度をつける動作も速くなります。



一方で、ボールを受けるときは身体を開くことが大事です。

こうすることで、相手にリターンと展開の両方を意識させることができ

パスコースを限定されにくくなります。


シンプルなことですが、何事も完璧を求めると奥深いですね!

ボールを持った時に、なぜかいつも相手が近くにいて

思うようにスキルが発揮できない選手は

ボールの受け方を変えてみましょう!



今日のMVPは、、、綾太!!👏✨

味方のパスミスをカバーできる対応力があります👀

キャンプを経験して力をつけてきていますね😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page