top of page

ジュニア年代のトップレベル



 

【menu】

❶フィジカルトレーニング→❷シュート練習→❸ゲーム

 

【keyfactor】

・クロスフィット

 


フィジカルトレーニングの日でした。

前回の大会では、13分ハーフでいつもより長い時間の試合でしたが

体力的な不安は殆ど感じませんでした。



むしろみんなすごく元気だったので

本当に体力がついたと感じましたし

ただ、体力がついただけでなく(←ここが非常に大事)

サッカー的な体力アップに成功しました。



特に詠心は初めて見たときは、フィジカル的な改善が必要だと思っていましたが

今回の大会でも詠心と諒祐に関しては他の選手より運動量が多かったですが

最後までパフォーマンスが下がることなく

フィジカル的な成長を感じました。



詠心に関しては火曜日にフィジカルクラスでもトレーニングしているので

それもこの短期間でフィジカルが良くなった要因の1つだと思います。

そして詠心は決して妥協しないし、トレーニングに対して真摯に向き合えます。

それは詠心だけでなく、このアカデミーにはそういった選手が多くいます。



フィジカルは特に自分に厳しい選手と

自分に甘い選手がはっきりと成果が分かれるので

良い方向にみんなが引っ張られるようになってほしいし

実際にアカデミーでは、1人、また1人と、頑張れる選手が増えています。

とても良い雰囲気で、みんなが成長できる場がここにできあがっています。



1年前は勝てるチームではありませんでしたが

みんなが信じてついてきてくれて

今ではある程度良い勝負ができるくらいにはなりました

そして、これからこの選手達は間違えなくもっと強くなります。



1月に神戸のアカデミーの選手達が全国大会で横浜に来ますが

彼らもすごく素晴らしい選手達で

今ではジュニア年代のトップレベルに立つ選手達ですが

横浜のアカデミーの選手達も

続けていれば彼らと同じレベルに行けると思います。



とは言え、まだまだこれからの部分も多いので

サッカーを通して、1流の人間になれるように

コーチもみんなと一緒に上を目指していくので

お互い高め合って頑張っていきましょう!










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

横浜校(プリマ) 本日のテーマは【3vs3】でした。 狭いコートでスペースのない中で 強度を上げながら行うトレーニングです。 プレス、判断、パススピード… 全てのスピードを上げて行うことにフォーカスしました。 ディフェンスの強度が上がると 必然的にオフェンスの強度も高まります。 意識的にスピードを上げて スピード感のある中でどれだけ個性が出せるかを トレーニングの中で試すように伝えました。 なかな

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

新木場校(エンジョイクラス) 今日のトレーニングは【タイミング】がテーマでした。 タイミング良く動き出すトレーニングです。 四角形の中に小さな四角形のグリッドを作り 外でボールを回しながら タイミング良く小さなグリッドに入りボールを受けます。 中に入れるのは時間制限があるので タイミング良くパスを出す必要がありました。 止める、蹴るの基礎がだいぶ上手になってきましたが 止めることに集中しすぎて な

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page