top of page

ショートサイズゲーム


 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷ゲーム(ハーフコート)

 

【keyfactor】

・判断

・時間を作る

 

ショートサイズでゲームを行いました。

フリーでも慌ててボールを蹴ってしまうことが多く

フリーの概念を変えることが必要だと感じています。

例えば、相手との距離が5mあってもプレッシャーを感じる選手もいれば

1mでもフリーだと感じる選手もいます。

その違いはスキルがあるかないかです。

トラップが正確に止めることができれば

1mであっても相手が寄せるに時間を作ることができます。

トラップミスをしたとしても

ドリブルで逃げることも、キープすることもできます。

このトレーニングでは意図的にスペースをなくし

トラップミス、判断ミスが許されない状況下で

如何に正確にプレーできるかが問われます。


その選手のスキルが明確に表れるトレーニングです。


上手い選手と言っても

何を持って上手いかという議論が生まれますが

僕が個人的に考える上手い選手の定義は

大前提としてボールを失わない選手だと思います。

それぞれ特徴があって

得意なプレーがあると思いますが

それはロストしない技術があることが土台にあってこそで

それがなければ高いレベルでは絶対に通用しないので

簡単にボールを失わないスキルを身につけましょう!


U8は先週の試合からボールを前後左右に動かせていて

ボールが効果的に回せるようになってきました。

ポジショニングも少しずつ良くなってきて

チームとしても個人としても成長が感じられます。


週末は担当ではありませんが

みんながどういった取り組み方をするのか楽しみです。

どんな環境であっても全力を出せる選手になりましょう!



ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

U8は昨日の試合で課題だった ディフェンス面に取り組みました。 どこでボールを奪うのか 狙いを持って意図的に奪うことをテーマにしました。 チャレンジとカバーをはっきりさせ コースを限定して相手の出しどころをなくす。 とても手応えがあって 1時間があっという間に過ぎました💦 最後の方は良い形で奪うことができて ポジショニングも少し良くなりましたね! 伝えたいことが多くて 時間が足りていませんが 限

U8はトレーニングマッチでした。 横幅を大きく使うことをテーマにしました。 オフェンスに関しては意識してサイドチェンジがあったり ワイドのポジションを取ることで センターハーフにボールをつけることができ そこから良い形でゴールを奪えるシーンもありました。 この年代の選手達はまだ何が良いプレーで 何が良くないプレーなのかの判断ができません。 ワンプレー毎に「ナイスプレー」「こうした方が良い」と 声を

ステップワークと基礎トレーニングをメインに行いました。 『スピード感を持ってプレーする』 日産カップで掴んだ今後の成長へのヒントを意識して 基準と強度を上げながらトレーニングしました。 選手達も少し元気を取り戻しつつあるし 次の試合に向けて良い準備ができそうです。 低学年の選手達は とても成長が早くて驚かされます。 良い見本が目の前にいることは 彼らのメンタル面やプレー面の成長に 良い影響を与えて

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page