top of page

シュートレンジ

基礎、シュート、1対1を行いました。

低学年は止める蹴るが良くなっている選手が多くなってきました。

トラップの時にインサイドにしっかりと当てられてて

パス精度も上がってきています。

高学年は前回のリーグ戦はとても良い内容でした。

普段のトレーニングから

集中して試合を想定してできているので

少ないチャンスで

決めきることができたと思います。

シュート練習では

外に開いてから中にトラップして

角度のある場所からのシュートでした。

このシュートは2タッチで完結するので

初めのファーストタッチでどこに置けるかが重要です。


最近やっている

『視野を確保』した身体の向きを意識して

ボールを受ける前にパサーとゴールをの位置をしっかりと確認します。


前回の蒼(水)のシュートも

綾太のシュートも

すごくレベルの高いシュートで

本人達の努力が試合で発揮できましたね。

シュート練習の回数を増やしたことで

シュートへの意識が上がっています。


6年の試合は

シュートレンジが一気に広がるので

我々もオフェンス時にシュートレンジを広げられるように

エリア外からも打つ意識をつけていきたいと思います。



ペルージャジャパン

河井

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランジションと球際

U12はトレーニングでした。 ラントレを50分した後 ゲーム中心の内容でしたが 「責任を持って自分のマークを外さない」をテーマに トランジションと球際の強度にフォーカスしました。 ラントレの後だったので かなり疲労感があって マークを徹底するのが難しかったですね。 「コーチ!マーク!!」 何度も諒祐のマークを外してしまい 選手達の容赦ない指摘が、、、(苦笑) 今日はラントレからトレーニングまで 諒

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page