サッカー的な体力



フィジカルクラス(川崎)

今日のフィジカルクラスは【サーキットトレーニング】でした。

様々な動きを組み合わせて

総合的に身体を動けるようにするトレーニングです。

バーストなどの高強度のワークアウトを行いつつ

有酸素運動も間に挟み

短時間で強度の高くしっかり追い込み

様々な部位を鍛えました。


サーキットトレーニングは

基本的には有酸素運動がアクティブレスト(身体を動かしながら休息する)という位置づけのため

トレーニングは休息を挟まず連続して行います。

かなりきついそうでしたが

ボールを使い、筋肉も刺激しながら

有酸素運動に取り組むことは

サッカー的な体力を作るには効果的なトレーニングとなります。


サーキットトレーニングは心肺負荷も高い為

継続して取り組めば心肺機能が高まり

最大酸素摂取量の向上も期待できます。


連続した運動により筋持久力も高まります。

今回のサーキットトレーニングの場合

パス&コントロール、ダッシュ、バービー、ジャンプ、メディシングボール投げなど

下半身・上半身を含む全身の筋持久力を高められるトレーニングを行いました。


まだ大きな筋肉をつける時期ではなくジュニア世代のフィジカルトレーニングで

サーキットトレーニングは自重で行えることもあり

更に、非常にサッカー的な動きでもあるのでとても良いトレーニングです。


今日のMVPは、、、陸!!👏✨

目標タイムに1人だけクリアしました👀

最後まで体力が落ちませんでした😄👍

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Tiramisù

クロスボールのトレーニングを行いました。 低くて速いボールを中に入れて FWはそれを合わせてシュートを打ちます。 今週は全てのクラスでクロスボールのトレーニングを行なったので どんな軌道のボールを入れるのか だいぶクロスに対するイメージが伝わってきた感じはあります。 サイドからの攻撃はボールホルダーと マークする相手との視野の角度が大きくなるので 守る側からすると守りにくい攻撃になります。 その分

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon