top of page

サッカーは怖い

U11は大会に参加してきました。

今自分達がどれだけできるか

内容はもちろんですが

結果も求めて戦いました。

①ディフェンス間の距離を正しく保つ

②トップにくさびを当ててポストプレー

この2つがテーマでした。

①は前よりも良くなっていて

特にSB(サイドバック)はかなり成長したと思います。

責任感を持ってプレーできていて

距離感も良くなりました。

②に関しては

今日はほぼ試すことができませんでした。

相手の強度が高く

良い形で前に運べませんでした。

SH(サイドハーフ)がオフンス面で良かったのもあり

サイドから崩す場面が多くなりました。

予選最後の試合相手が

この大会で最も良いチームだと思いますが

ディフェンスは失点するまでは狙っていた展開通りに進み

攻守において良い内容でした。


この試合のターニングポイントは

序盤に相手のペナルティーエリアに何度か進入した際に

フィニッシュが決めることができなかったことです。


相手に1つのミスを突かれてしまい

完全にこれまでの雰囲気を持っていかれました。

本当にサッカーは怖いですね。

このレベルになると

相手は大きなミス(失点に直結する)はしません。

こちらはいくつか直結するまだミスがあり

その差が今回の結果に出てしまった形です。

内容は悪くなかったと言うのはもうやめて

どうすれば我々のプレーモデルの中で

結果が出せるかを模索していきたいと思います。

今回はチームにとって良い経験になりました。

U8は大和市でトレーニングマッチでした。

今日は5人制での試合となりました。


今は8人制より5人制の機会を増やしたかったので

色々と試すのに良い機会でした。


①前にスペースを作る為にバックバスを使って相手を引き出す

②攻撃に厚みを持たせる(運動量を上げる)

①は今最も彼らに必要なことで

サッカーに『深さ』を出してピッチを広く賢く使うことです。

前にスペースがないのにボールを前に運ぶのではなく

一旦後ろに預けて相手を引き出して前のスペースを意図的に作り出します。


今日はかなり良くできていた印象です。

キーパーとサイドが連動しているような動きも沢山見られました。

②はビルドアップが成功した際に

追い越して前に厚みを持たせる動きです。

その為には運動量が必要で

相手よりも走って良いポジションをとることが大事です。

これも後半の方は非常に良くできていました。

このグループは個性的な選手が多く

U11とは違った特徴があります。

個性は育てつつ、チームのプレーモデルの理解を深め

オーガナイズの元プレーできるようになれば

とても面白いチームになると思います。


U11は選手達や保護者の皆様を喜ばすことができず

選手達は頑張っていましたが

結果がついてこず申し訳なく残念でした。

次は必ず満足してもらえるような試合にします。


U8はペルージャのプレーモデルを

もっと浸透させていきたいと思っています。

U8の選手との関わりを深くして

ピッチ内外において

ペルージャの選手らしさを持って行動(プレー)できるようにしていきます。


いつも温かい声援をありがとうございます。

良い週末をお過ごしください。




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page