top of page

サッカーにおいての『個』とは

横浜校(プリマ)



本日のトレーニングテーマは【トライアングル】でした。

パス&コントロールのトレーニングです。



ボールを持った際に

左右にサポートがいる状態を作れると

ボールホルダーに選択肢ができ

ボールを失ってしまう可能性を抑えられます。



常にボールホルダーに対して三角形を作ることを意識するように

トレーニングではボールが動いたら人も動き

三角形のポジションを作りました。



雅人は最近すごくプレーが良くなったのは

受け方(ポジショニング)を理解してきているからです。

元々、ボールを持ったら強い選手でしたが

相手のプレッシャーが苦手な部分があったので

できるだけフリーでもらえるように

受ける『位置』を意識させていました。



その最も基本的なことが

今日行った三角形です。

サポートの選手はできるだけ綺麗に三角形を作ることができれば

相手は奪うことが難しくなります。



よく『個を育成する』と掲げるチームが多いですが

日本人は『個』を履き違えている指導者が多く

サッカーでは1対1の場面はほぼ存在しません。

『個』というのは、もちろんボールを扱う技術も含まれますが

それよりも基礎(止める、蹴る)と判断(個人戦術)が大事です。



ペルージャジャパンでは12月29日から2泊3日でウィンターキャンプを行います!

今回は『キープ』をテーマにトレーニングを行い

キャンプを通してかけがえのない経験をご提供致します。

まだまだ募集を行っておりますので

是非沢山のスクール生のお申込みをお待ちしております🙇‍♂️










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体力がないは言い訳

フィジカルトレーニングとトラップをテーマにトレーニングしました。 ラントレを初めて走る選手も多く 体力的に厳しそうな選手もいましたが 最後まで良く頑張りました。 「体力がない」は言い訳です。 長距離は誰でもトレーニングで走れるようになるので 継続してやり続けることが大事です。 今日、走れなかったとしても大丈夫。 明日頑張れば良いし 今日頑張れたなら 明日もきっと頑張れます。 メンバーが新しくなって

自分に負けてしまうこともある

フィジカルトレーニングを行いました。 低学年はいつもよりペースを上げて走りました。 足が速い、遅い 体力がある、ない 現時点での差は気にしなくて良くて 自分の中で限界まで走ったのかが大事。 殆どの選手が追い込むことはできていないけど 頑張れている選手も中にはいる そんな選手は今は体力がなくても 必ず体力はついてくる。 ただ、今日頑張れなかったから じゃあ自分はダメなのかというと そうではなくて ど

コメント


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page