top of page

ゴールへの道筋を描く



雨の中でのトレーニングとなりました。



U9の45分間走では

いつもよりペースを上げて行いましたが

選手間ですごく差があります。



走れない選手は自分でわかっているはずだし

厳しいことを言うと

こんなにも差をつけられて

悔しいと感じずにトレーニングしない選手は

多分この先もずっとトレーニングしないから

この差が埋まることはないと思います。



リフティングとか長距離は

才能とか関係なく

本人が量さえ確保できれば

誰でも回数が増やせるし

走れるようになるので

そんなこともやらずに

どうしたら上手くなるのかと言う議論ができないし

甘くはないですよね。



シュート練習にも取り組みました。

昨日の課題だった決定力。

シュートスキルの問題もありますが

あれだけ連続して決定機を外すと

メンタル的な問題も出てきます。


シュートを打つ前に

良いイメージを持てているか

もう1度確認してみてください。



ポジティブ且つ

明確なゴールへの道筋をしっかりと描くことが大切です。

それ以外の雑念は全て排除しましょう。


今日のMVPは、、、大峨&瑛大!!👏


大峨:7

トレーニング中に常に声をかけて

モチベーション高く取り組めています。

大峨は集中してトレーニングできるようになって

これまでとすごく印象が変わりました。

実際にチーム内でも相対的に見て成長を感じます。


瑛大:7

シュート練習ではトップのポイントでした。

ゲームでも勝負に拘っていたし

チームが負けると誰よりも悔しそうで

昨日の課題から学ぼうとする気持ちが見えました。




ペルージャジャパン

河井


閲覧数:116回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体力がないは言い訳

フィジカルトレーニングとトラップをテーマにトレーニングしました。 ラントレを初めて走る選手も多く 体力的に厳しそうな選手もいましたが 最後まで良く頑張りました。 「体力がない」は言い訳です。 長距離は誰でもトレーニングで走れるようになるので 継続してやり続けることが大事です。 今日、走れなかったとしても大丈夫。 明日頑張れば良いし 今日頑張れたなら 明日もきっと頑張れます。 メンバーが新しくなって

Comentários


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page