top of page

コーンドリブルと対人は別物

ラ・テクニカ(横浜)

今日のテーマは【1対1】でした。

対人プレーの強化を行いました。


足元の技術がついてきて

ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。

次のステップとして

それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。

相手がいると

間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので

コーンドリブルが上手い選手と

対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

対人でのドリブルは

選手によって感覚は違うので

何度もトライ&エラーを繰り返しながら

自分で自らの間合いを見つけていきましょう。

あとは、目の前の相手に「負けたくない」という気持ちが大事。

1対1は言い訳できないので

必ず勝つという強い気持ちを持って

取られても取り返しに行く

最後は絶対に勝って終わるように心がけましょう!


生は日曜日に向けて

コンディション維持の為

途中で抜けてもらいました。

プレーしたい気持ちはわかるけど

今週はオーバーワーク気味で

スクール中もかなりキツそうだったので

可哀想だけど心を鬼にして休ませました。


蒼も途中からキーパーに入ってもらい

2人とも悔しいだろうけど

ここは我慢して日曜日に向けてコンディションを整えよう。

協力してくれてありがとう。


今日のMVPは、、、蒼!!👏✨

1対1では緩急を上手く使い

強さを発揮していました👀

ドリブルがどんどん上手くなってきましたね😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

チャレンジとサポート

『駆け引き』をテーマにトレーニングを行いました。 数的優位のポゼッションで 相手の状況に合わせて サポートするのか それともチャレンジするのか 状況判断しながらボールを動かすトレーニングです。 数で勝っている状況なので 駆け引きで負けなければロストはないし 相手にダメージを与える脱出の仕方も作れます。 技術的な改善点はまだまだありますが 「サッカーを知る」と言う意味で 何が良いプレーで 何が良くな

Comentários


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page