top of page

コーチの役割


 

【menu】

❶フィジカルトレーニング→❷基礎トレーニング→❸ポゼッション→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・角度をつける

・インサイドキックとインステップキックの使い分け

 

角度をつけて、相手のプレスを受けない受け方に

フォーカスしたトレーニングを行いました。


少し強度の高いフィジカルトレーニングの後だったので

疲れもあり十分な角度を取れていない場面もありましたが

低学年の選手達もだいぶ意識してポジションを取れるようになってきました。


基礎トレーニングに関しては、繰り返しになりますが

しっかりと狙ってパス&コントロールすることが大事です。

なんとなく「ここ」ではなく

明確に狙った場所にトラップし

速さ、コントロールを意識してパスを出す。

これが基礎のベースアップには最も必要なことです。


何も考えずに蹴っていては

ある程度蹴れるようになるまでに

とても長い時間がかかります。


コーチとして大事なことは

蹴り方を教えたり、動き方を教えるのは当たり前ですが

それよりも、選手達の意識を変えることにあると思っています。

意識が変われば、必ずトレーニングの質が上がります。

「サッカーが楽しい」から始まり

「上手くなりたい」になり

「どうしたら上手くなるのか」と考えるようになる。


大人に「もっと一生懸命やりなさい」と言われても

子供は表面的にしか変わりません。


簡単なことではありませんが

我々大人が協力して

子供達が自ら考えて行動できるように

アプローチの仕方を考えていきましょう!

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

U8は昨日の試合で課題だった ディフェンス面に取り組みました。 どこでボールを奪うのか 狙いを持って意図的に奪うことをテーマにしました。 チャレンジとカバーをはっきりさせ コースを限定して相手の出しどころをなくす。 とても手応えがあって 1時間があっという間に過ぎました💦 最後の方は良い形で奪うことができて ポジショニングも少し良くなりましたね! 伝えたいことが多くて 時間が足りていませんが 限

U8はトレーニングマッチでした。 横幅を大きく使うことをテーマにしました。 オフェンスに関しては意識してサイドチェンジがあったり ワイドのポジションを取ることで センターハーフにボールをつけることができ そこから良い形でゴールを奪えるシーンもありました。 この年代の選手達はまだ何が良いプレーで 何が良くないプレーなのかの判断ができません。 ワンプレー毎に「ナイスプレー」「こうした方が良い」と 声を

ステップワークと基礎トレーニングをメインに行いました。 『スピード感を持ってプレーする』 日産カップで掴んだ今後の成長へのヒントを意識して 基準と強度を上げながらトレーニングしました。 選手達も少し元気を取り戻しつつあるし 次の試合に向けて良い準備ができそうです。 低学年の選手達は とても成長が早くて驚かされます。 良い見本が目の前にいることは 彼らのメンタル面やプレー面の成長に 良い影響を与えて

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page