top of page

コロナジュニアカップU-9優勝



コロナジュニアカップU-9に参加しました。

組織的なディフェンスで、意図を持ってボールを奪うことをテーマに挑みました。



実戦で試してみてまだまだ課題が多く見つかりましたが

全員が共通の意識を持って戦えたことは良かったと思います。



立ち上がりの入り方にも課題があります。

どちらかと言うとこのチームはスロースターターで

入りから最大限の集中力を保てるようにすれば

何の問題もない展開に持っていけたはずです。



今日に関しては、勝ちを狙いにいって

内容はともかく結果的に優勝できたことは

今のチームにとって非常に意味があります。



アカデミーの選手達は、勝ち負け拘って執着が足りない選手が多いので

勝つことでその大事な部分を埋めていきたいと考えています。



結果以外にも、このところすごく成長を感じていた生の成長が見れたこと。

詠心が最終的にプレッシャーに打ち勝ったこと。

拓奨と諒祐が苦しい場面でディエル負けなかったこと。

とても収穫の多い大会だったと思います。



最後に、今回は大会なので、出場時間にばらつきはありましたが

この優勝は、今日来れなかった佑弦を含め、全員で勝ち取ったもので

全員が普段のトレーニング切磋琢磨して高め合っていけた結果です。



「悔しさを忘れるな」

とは言いましたが、今日はみんなで喜んで

また次から心に炎を灯してください👍

明日は誰が、半年後は、1年後は、、、

全く今の実力は関係ないので

全員が前を向いて高い目標を持って進んで行きましょう!











ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:243回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comentarios


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page