カバーリングの遅れ



 

【menu】

❶フィジカルトレーニング→❷基礎トレーニング→❸ポゼッション①→❹ポゼッション②→❺2vs2→❻ゲーム

 

【keyfactor】

・チャレンジ&カバー

 


昨日に引き続きチャレンジ&カバーをテーマにトレーニングしました。

相手にスペースを与えないように

素早くプレスをかけ

チャレンジとカバーの入れ替わりのスピードを上げていきました。


ポゼッションでもディフェンスのプレスが速くなると

オフェンス面でもボールを繋ぐのが難しくなるので、相乗効果があります。

プレスは速くかけれていますが

カバーリングが遅れてギャップが空くことがありました。



少しのズレで崩されてしまうので

守る時はお互いに声をかけあって

プレーイメージを合わせるようにしましょう。



2vs2のトレーニングでは

ディフェンスの意識が強くあったので

ゴールが奪えない状況が続きました。


相手が開いた時に

寄り過ぎてしまって、プレスをかけている選手との距離が空いてしまうので

もっと絞って真ん中を開けないようにしましょう。


明日は全カテゴリー試合になります。

取り組んでいるチャレンジ&カバーを意識して

試合の中で使えるようにしましょう!


ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon