オープンで主張できる環境


【menu】

❶w-up→❷フィジカルトレーニング→❸基礎トレーニング→❹6vs3→❺ゲーム

【キーファクター】

・トランジション

・駆け引き


昨日が体力測定日でフィジカルトレーニングができなかったので

今日は通常は技術的なトレーニングと戦術がメインですが

フィジカルトレーニングと技術的なトレーニングの両方を行いました。

フィジカルはいつもと違う内容でしたが

すぐに覚えてテンポ良く行うことができていましたね。



オーガナイズを覚えるのが早くなってきて

効率的にトレーニングできるようになってきました。

トレーニングにもバリエーションが出せています。



フウカは基礎レベルが少し上がってきました。

トラップが良くなってきて

トラップからキックの動作も意識して早くするようにしています。

リョウタは判断力が凄く良くなって

チームの中でも信頼できる選手です。



ヒロマサはここ数試合は本来のパフォーマンスが出せていませんが

難しいことにトライできているし全く焦る必要はありません。

今やっていることを信じて続ければ

必ずまた大きく成長できる時期がきます。



タツミは最近メンタル面で成長して

それがプレーに大きく影響しています。

今日のトレーニングでも突破力やフィジカルの強さなど

タツミにしかない特徴が出せていました。



来週はアカデミーとしては初めての大会もあり

1つひとつのトレーニングや試合がどれも大事な時間です。

この年代は1回のトレーニングで変われるので

選手達が毎回全力を出し切ってプレーできるような

オープンでみんながリスペクトの気持ちを持って主張でき

サッカー選手としても人間的にも一流を目指し

みんなが高め合っていける環境作りを続けて行きたいと思います。












ペルージャジャパン

河井コーチ

42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon