top of page

オートマチック化



昨日は体力測定を行う予定でしたが

お休みが多かったので

トレーニングに変更しました。

体力測定は別日に行います。


トレーニングマッチでの課題に取り組みました。


U10はボールフィーリング。

ボールタッチを1から見直して

ドリル的に何度も同じ動作を繰り返し

プレーのオートマチック化を目指しました。



何度も同じ動作を繰り返すことで

神経細胞の結び付きの量を増やして

無意識で行うことができるプレーを増やすことが狙いです。


例えば疲労で十分な判断ができない時でも

身体が覚えるくらい技術的なトレーニングをしていれば

判断がなくても無意識に身体が動いてくれるはずです。


トラップに集中している選手と

トラップの次のことに意識を向けられる選手とでは

次のプレーへの成功率は当然変わります。



トラップが上手くなりたければ

トラップに集中しているようではダメです。


どこまでプレーをオートマチック化できるか。

これは勉強と同じで量がものをいいます。

反射的に身体が動くようになるまで

何度も繰り返し行うことが必要です。


ボールを自由にコントロールできるようになれば

サッカーは劇的に魅力が増すので

諦めずにやり続けてください。


U12はポゼッションを行いました。

前回の試合ではディフェンス面ではある程度の満足感はありましたが

オフェンス面はまだ荒さがあり

簡単なロストが多くある印象です。

もっと自分達がボールを保持する時間が長いことが理想です。



ロストへの意識を変えること。

簡単に奪われない。失わない。

このチームでは諒祐だけがその意識を持ってプレーできていますが

その数を増やしていけたら質の高いチームになっていきます。


U10と同じでやはりボールフィーリングは課題です。

もっとボールを触る時間を増やして

技術をつけていきましょう。


昨日のMVPは、、、海凪&蒼!!👏✨


海凪:7

技術面においては正確性を持っています。

まだ無意識レベルとまではいきませんが

相手のプレッシャーのない場面では

綺麗にタッチすることができています。

重心が後ろに傾く傾向にあるので

意識して重心をコントロールしましょう。



蒼:7

プレー感覚は落ちましたが

今は限られた時間で効率よくトレーニングすることが蒼の課題で

周りの選手に関係なく

集中力を保って一生懸命にプレーしていました。







ペルージャジャパン

河井

閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

تعليقات


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page