top of page

オートマチックに最適解を選ぶ



先週行った『角度をつける』をテーマにしたトレーニングを

ブラッシュアップして行いました。


「肉体の速さよりも脳のスピードが重要」

これはスペインのレジェンドであるシャビが言った言葉です。


サッカーにおいて頭が使えることは

何をする上でも最も重要なファクターになります。



選手達はまだ子供なので

何も考えずに思いっきりプレーしたがります。


それはとても楽しいことで

本質的なことであり

必要なことではあります。


ただ、正しく理解していない状態で

頭を使わず思いっきりプレーすることは

選手としてのステップアップを考えると

この年代でどれだけプレーを考えてプレーできるかは

その後のプレーに大きく影響を与えます。



今、しっかりと頭を使ってプレーしておけば

パターンが記憶され

そのパターンの中からオートマチックに最適解を選べるようになります。

端的にいうと無意識にプレーできます。


無意識でプレーできることが増えると

精度が上がりミスが減り

想像的なことに考えを割くこともでき

サッカーが楽しくなってくるというのが私の持論です。


今のアカデミーの選手達はまだきっかけの段階にいる選手が殆どです。


ここで何も考えずにプレーして

カテゴリーが上がった時に評価されない

もしくはそれに見合ったレベルでサッカーを楽しむのか(それも悪いことではない)



それとも

様々なパターンを身体に刻み込んで

神経の結び付きを増やし

無意識にプレーできる土台を作るのか。


我々の役割は

少しでも可能性を次に繋げてあげることだと思っています。


今日のMVPは、、、陽太&凛斗


陽太:7.5

テーマを良く理解し

しっかりと角度をつけてボールを受けることができていました。

技術があるので

パターンを覚えていくことで

どんどん良くなってきています。

まだまだ伸び代のある選手なので

今後の成長が楽しみです。


凛斗:7

アカデミーに来てから

ロストへの意識が変わり

ボールを失うことが少なくなってきました。

プレーに責任感も出てきているように感じます。





ペルージャジャパン

河井

閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page