top of page

エリアでの数的優位

2vs1を行いました。


昨日のU9の試合では

決定機での判断の悪さがありました。


シュートを打つのか

それとも味方を使うのか

エリアでの数的優位、又は数的同位に関しては

ゴールを決めきれるようにしないといけません。


今日のトレーニングでは

時間的制限のある中で

数的優位(2vs1)を活かしてゴールを決めることを目指しました。


時間のプレッシャーを感じながらも

冷静に判断し、正確にゴールする

エリアでの数的優位は簡単なようで難しいです。

基本的には自分でシュートを打つことを考えて

相手が完全に自分を切ってきた場合

もしくは、味方が完全にフリーの場合は

パスを選択するというイメージでいいと思います。

初めからパス先行にならないようにしましょう。


今日は判断が遅く

良い形(数的優位)でシュートを打てていませんでした。 もっとスピード感を持ってプレーできる 正確なスキルをつけていきましょう。

暑い中でしたが

体力がついてきたと思います。

今日は中村コーチも来てくれて

久しぶりでみんな嬉しそうでしたね。


今週末は千葉遠征もあります。

この夏休み最後の思い出を作りましょう!




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page